関節痛は軟骨が要因

関節痛は軟骨が要因

関節痛の原因は日常の動作や生活法が大きな関わりを持っており、

 

 

 

関節痛はほとんどの場合、軟骨の存在が大きく影響をし、

 

軽い痛みから、関節症などの症状まで、軟骨の状態によって痛みは変わってきます。

 

軟骨は関節の動きを滑らかにして、外からの衝撃を和らげる働きをします。

 

と同時に骨同士の衝突を防ぎ、骨が傷つくのを防いでくれているのです。

 

 

 

軟骨はクッション要素が強く、痛みを感じる神経が通っていません。

 

そのため、軟骨のなんらかのダメージがあっても気づきにくくなっています。

 

 

 

そんな中、関節に痛みが走る時があり、関節だけでなく、靭帯など多くの原因が考えらえますが、

 

長時間続くようであれば、関節の痛みである可能性が高くなります。

 

http://fusafusa.lolipop.jp/関節痛ならこちらが信頼できます。

 

本来軟骨が十分あれば痛みなどは当然感じないです。

 

 

 

しかし痛みを感じるということは軟骨が弱ってきているという事です。

 

関節による痛みは軟骨の影響を強く受けてきます。

 

 

 

関節の痛みや症状が悪化してくると当然治療も必要とり

 

近年は、手術技術も向上し、術後、快適な生活を送れるようになったという人も非常に多くいます。

 

しかし、できれば手術を行いたくない方が大半です。そんな中

 

グルコサミンやコンドロイチンは重い症状になっていても、

 

痛みや症状を緩和する効果を期待されています。

 

 

 

難しいとされてきた軟骨の存在を再び大きなものにすることができるという

 

可能性をもっているのです。軟骨は一度磨り減ってしまったりすると回復は難しいと

 

いわれてきましたが、軟骨の十分な再生が現実的になってきました。

 

 

 

関節痛に、このグルコサミンやコンドロイチンの摂取が効果的である場面が増えてきました。

私の関節痛との付き合い方

関節痛と聞くと、お年寄りが苦しんでいるようなイメージを持つ人も多いと思います。

 

しかし、私もかなり苦しめられているのです。

 

パニック障害を患ってから、胸骨のあたりがボキボキと鳴り痛みだしたのです。

 

近くの整形外科に行っても注射や湿布をするだけで一向に良くなりませんでした。

 

私は思い切って大学病院でMRIを撮ることにしたのです。

 

そうすると、胸骨が変形していました。

 

「年齢とともに音も鳴らなくなって、痛みもおさまります」と主治医に言われて安心しました。

 

かと言って、痛みとはお友達です。

 

特に雨の日は、窓を確認しなくても関節の痛みですぐに分かります。

 

あまりにも痛みがひどいときは眠れないときもあります。

 

外から見てもその苦しみは分からないのが辛いです。

 

 

 

しかし、私は関節痛なんかに負けません。

 

それを理由に人生を楽しめないのはもったいないと思うからです。

 

ストレッチをしたり、気を紛らわしたりすることで症状はだいぶ緩和されます。

 

あたたかいお風呂に入るのも効果的です。

 

 

 

もし関節痛でお悩みの方がいらっしゃったら、是非色々な民間療法をおすすめしたいと思います。

 

身体を冷やさないようにして適度に運動するのがいいみたいです。

 

 

 

上手に関節痛と付き合えるようになるといいですね。

パートで膝関節痛に

自宅でボーっと一日過ごすことに飽きていた頃、「ワタミの宅食」のパートを見つけました。

 

一種間の内、月曜日から金曜日までの五日間、お弁当を宅配する仕事です。

 

今までは、どちらかと言うと、体を動かすことが苦手でしたが、一日中家の中で、テレビを見ながら官職では、絶対に体には良くない、と一年発起したわけです。

 

 

 

自分の車で配達する人と、電動自転車での配達と2種類あり、私は電動自転車での配達です。

 

お弁当箱が特殊なものなので、重量がすごい。

 

行きも帰りも重さはあまり変わりません。

 

自給も良くなかったのですが、私の母の年頃の人達がお得意さまなので、半分はボランティア気分でした。

 

 

 

それでも、大風大雨大雪の日も、一日も休まずに体調管理して、九ヶ月ほどした頃、左膝に痛みが出てきました。

 

そして、その痛みは治るどころか、どんどんひどくなってきます。

 

母が膝関節通で、整体に通院していたので、私もそうかも、と思い、接骨院へいきました。

 

 

 

前に腰痛でお世話になったところです。

 

「使いすぎですね」と言われて、愕然としました。

 

体の使いすぎなんて、今までに言われたことのない言葉です。

 

なにしろ、どちらかと言うと、頭を使う仕事が多かったので…。

 

 

 

それからが大変。

 

次の配達の人が決まるまでの三ヶ月近く、痛む膝に悩みながら、朝は接骨院で電気治療して湿布を張り、サポーターを巻いて出勤。午前中仕事をして、自宅で静養する日々になりました。

 

グルコサミンを服用しはじめたのも この頃です。

 

 

 

現在は、パソコンの前ての仕事なので、膝関節痛は収まっていますが、通院治療はまだ続いています。